FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育士資格は男性でもニーズが高いのを知ってますか!?

保育士資格男性でもニーズが高いのを知ってますか!?





保育士は、児童福祉法によって定められた国家資格です。
法律では、「保育士とは、(中略) 保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、
児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。」
(児童福祉法第18条の4)となっています。
今や保育士資格男性でもニーズが高いのはご存知でしょうか?
保育士のことを、いまでもよく「保母さん」「保父さん」と呼びますが、
以前は「保母」が資格の正式名称だったのです。
だから男性でも「保母」!? 「女性の仕事」というのがごく当たり前の認識で、
実際、女性がほとんどでした。
でも、最近では男性の保母?さんの増えてきています。
子供の世話をするのは今では男女共通の仕事になっているのかもしれませんね。



次に保育士資格の取り方についてです、それには次の2通りの方法があります。

1.厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設
(以下「指定保育士養成施設」という。)を卒業した者

2.保育士試験に合格した者
(児童福祉法第18条の6)

1は大学や短大、専修学校といった、保育士の資格を取得できる課程を持つ学校に入学して勉強し、
無事、卒業できれば資格が得られるということ。
いわば確実な方法です。
入学試験がありますが、はっきり言ってそれほど難しくなく入学できる学校もなかにはあります。

また、大学によっては通信教育で学んで資格を取得できるところもあります。
大学の通信教育課程に入学する場合、筆記試験による入学試験はありません。
書類選考が原則で、なかには「小論文」や「志願理由書」の提出を求める大学もあります。

これらは取得に確実な方法ではありますが、学生となれば当然、学校に通わなければなりません。
また、入学から卒業までの学費は、短大でも、すべて調べたわけではありませんが、
100万円以下ということはまずありえないのではないでしょうか。

通信教育の場合は、日常的には自分のペースと場所で勉強できますから、
働きながら学びたい人に適していますが、夏季などの一定期間に、学校に出向くなどして
直接講義を受けるスクーリングに通わなければなりません。
また、費用面では比較的安く設定されていますが、取得までに年月を要すれば当然、
費用もかさみます。

そして、2がこのサイトのテーマである保育士試験です。
学校に通う時間の余裕がない、取得のための費用もあまりかからないほうがいいという方には
こちらをおすすめします。

なお、間違えない欲しいのは、
卒業イコール保育士資格の得られる指定保育士養成施設の通信教育と、
保育士試験用の通信教育講座はまったく別のものであるという点です。
後者は受験資格を持つ人が試験合格に向けて、あくまで受験対策の1つとして勉強するものです。

保育士資格は男性でもニーズが高いということについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?
保育士資格を取得する場合、男性、女性は関係なく、上記のような方法にて取得しなければいけません。
子供が好きというだけでなく、世話好き、指導ができるなどのことが合わされば、
男性であっても良い保育士になれるでしょう。
資格を取得してからも色々大変だと思いますが、
子供を育てる責任をと貴方の愛情をもって育ててあげてください。

スポンサーサイト

保育士資格を取得できる方法!?

保育士資格を取得できる方法!?




保育士資格を取得できる方法について調べてみました。
最近、保育士資格が今、脚光を浴びているのをご存知ですか?
少子化の波の中でなぜ保育士資格なのかと不思議に思われるかもしれませんが、
少子化ゆえに夫婦共働きの家庭が増加している背景があります。

子育てのライフスタイルが変化してきたのです。
親が働きに出ている時間に子供を預かってくれる保育士と保育施設が必要ですし、
保育士資格も見直されています。
保育士資格は、1999年に制定された国家資格です。
それ以前は、保育士資格は当然ありませんでしたから、保育士という呼び名もなく、
女性なら保母さん、男性なら保父さん、などと呼ばれていました。

一昔前には、保母さんと言えば女性の仕事という感じでしたが、
男女雇用機会均等法が制定されたこともあって、時代の流れとともに、
保育士資格を有する男性がどんどん保育現場に進出するようになりました。

保育士資格とは、そもそもどんな資格かと言いますと、
仕事などのやむを得ない理由で保護者が保育できない乳幼児を保育できる
専門知識を有した資格の事を言います。

保育士は、児童福祉法に基づいて保育をします。
国の管轄は厚生労働省です。
保育時間は原則として8時間とされており、
場合によっては条件付で延長保育なども行われています。

保育の対象児は0歳~小学校就学までの幼児です。
保育士の資格を取得する方法には、2通りあります。
厚生労働大臣が指定する保育系の大学や短大・専門学校を卒業するか、
保育士試験に合格する、という方法です。

前者の方法なら、卒業と同時に保育士資格を取得することができます。
途中から保育士を目指そうとする場合は後者になります。

以上、保育士資格を取得できる方法をかいてみました。
どうでしたか?保育士について書いてみたのですが、分かって頂けましたでしょうか?

保育士になる事は資格を取得しなければいけないですが、
その後の子供たちの対応がとっても大切ですよね。
大事に育てて立派な大人に成長するのが楽しみという保育士さんもいらっしゃる事でしょう。


|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。