FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家資格の難易度ランキング

国家資格難易度ランキング




ここでは、国家資格難易度についてお話します。
国家資格ってよく聞く言葉ですよね、貴方は現在、どんな国家資格をもっているのでしょうか?
私は、電気関係の国家資格を幾つか所持しています。
なので国家資格全般の難易度ランキングするというのは、それぞれの資格で比べられない
ので難しかったです。
ですから、全般的に難しいとされている資格になってしまいました。

しかも、国家資格の難易度を比較というのは、国によってその人の能力がその仕事に一定水準以上
に達しているということが認められている資格ですよね。
要するに国からその資格が認められ、またその資格を取得して行う仕事の地位というものを
保証されているとても信用度の高い資格といえます。
ですので、国家資格と認定されている資格というのは取得するのが難しい資格が多いと思います。
ただ、それだけ見返りがある資格があるのも国家資格のメリットだと思います。
もちろん、一般的な難易度の国家資格というのもあります。

では、国家資格の難易度ランキングというのはどのような資格が上位にいるのでしょうか?
たぶん、みなさんご想像がつくとは思いますが、
私が調べた国家資格の難易度のランキングを掲載したいと思います。

国家資格にもいろいろありますが、その中でも国家資格の難易度ランキングに必ずといっていいほど
出てきて、とても難関といわれてるのが司法試験ですよね。
司法試験はやはりダントツで難易度はトップだと思います。
それから、公認会計士。この公認会計士という国家資格もとても難易度が高い資格ですね。
それから、弁理士。これはあまり知名度は司法試験や公認会計士よりもないかもしれませんが、
かなり難易度は高い資格です。

これらの国家資格はほどんど国家資格の難易度ランキングの上位を占めていると思います。
また、税理士や、中小企業診断士、不動産鑑定士などといった国家資格もかなり難易度の高い
資格と言えると思います。

このような国家資格の難易度ランキングにほとんど顔をだしているような国家資格を取得する
と思ったら、かなりの覚悟が必要だと思います。
でも取得できればかなり有利な資格になることは間違いないのではないでしょうか。
もちろん、資格は取得してからが本番ですから、そこからが勝負だとおもいますけどね。

何だか一般的な国家資格の難易度ランキングと大差がなくなってしまった感じがある気がしますが、
いかがでしたでしょうか?
国家資格の難易度一覧をみると、いくつか紹介しましたが、国家資格の難易度ランキング以外には、
IT関連の国家資格も上位の資格がかなりあります。
プロジェクトマネージャーやソフト開発技術者、アプリケーションエンジニアなどなど、
IT関連の難易度の高い国家資格もたくさんあります。
このようなIT関連の国家資格もとても難しいと思いますので、もし資格取得を狙うのであれば、
覚悟が必要ではないかと思います。
難易度ランキングに入っていない国家資格でも難しくないと思ってなめてかかってはいけません。
国家資格と呼ばれるものは何も勉強しないで合格を目指すのはおかしいです。
しっかりとした継続した学習こそが合格への最短距離であると認識しましょう。


スポンサーサイト

情報処理技術者の資格取得難易度は結構高い!?

情報処理技術者資格取得難易度は結構高い!?




このページでは情報処理技術者について書いてあります。
情報処理技術者って一体どういう資格なの?という訳ですが、
国家資格であり、主にソフトウェア開発技術者、基本情報技術者があります。
おのおのについてはこの後説明していきますが、情報処理技術者の資格試験に合格する為には、
幾つかの難関を突破しなければいけません。
情報処理技術者を目指す方にとってはきっとプラスになる情報だと思いますので、
最後までじっくり見ていっていただければと思います。

情報処理技術者試験は、コンピューター技術者を育成するためのもので、
経済産業省が管轄する国家資格として実施されています。
この資格は情報処理技術者の公的な評価基準を表す資格として定着している。
業務独占資格ではないので、試験合格者でなくても業務はできるそうだ。
しかし、人事評価面では大きな影響力をもっており就職には有利です!

H13年より、情報処理技術者の試験制度は、大きく変化しました。
従来の試験制度はH6年より施行されてきたが、
この間、IT革命と呼ばれる激しい動きやインターネットの普及など、大きく社会情勢が変化したため、
現状に即した技術者の育成を目指し改定となりました。

先に述べた、ソフトウェア開発技術者試験と基本情報技術者試験であるが、
これは旧 第一種情報処理技術者試験 と第二種情報処理技術者試験に当たります。

まず、ソフトウェア開発技術者試験だが、情報システム開発プロジェクトにおいて、
内部設計・プログラム設計を行い、開発・テストまでの一連のプロセスを担当する。
1つ以上のプログラム言語の使用を熟知しており、その言語の特徴を利用して効果的な
プログラムの開発ができるとともに、基本情報技術者を指導できるなど、期待される技術水準は高い

次に、基本情報技術者試験。
基本・基礎レベルの情報処理技術者資格で、情報処理資格のスタートと位置づけられる。
情報化の浸透にによって、第2種情報処理技術者試験への受験者が、
システム開発者だけでなく一般学生などに広がってきている現状に対応して改称された。

以上です。結構複雑になってきていますよね、情報処理技術者って。
以前のように、第一種情報処理技術者試験 と 第二種情報処理技術者試験 の方が
分かりやすかった気が個人的にはします。
名前と共に、情報処理技術者試験合格率も低くなった感じがします。
ソフトウェア開発技術者の合格率は11.0%、 基本情報技術者は13.3%。
チョッと難しく感じる上に、情報処理技術者の試験はその他の試験に比べ難易度高い
また、実務に近い形で出題されるが、実務だけでは合格は難しいでしょう。
やはり合格する為の専門知識が必要、そのため大学の理学部などに進学し、
専門的に学んだほうが有利だと言えます。


パソコン資格、マイクロソフト オフィス スペシャリストの難易度はそれほど高くない!?

パソコン資格マイクロソフト オフィス スペシャリスト難易度はそれほど高くない!?




マイクロソフト オフィス スペシャリスト難易度はそれほど高くないという話題について取り上げてみました。
パソコン資格である代表的なものの一つに、マイクロソフト オフィス スペシャリスト (旧MOUS試験)
があります。
開発元であるマイクロソフト自身が主催する、WordやExcelなどのOfficeソフトの操作ができることを問う試験です。
解答は実際にアプリケーションを操作して行うため、知識だけでは解くことができません。
つまり、この試験に合格したということは、知識だけでなくて本当に操作できることが証明されるのです。 
などと結構難しい感じのする資格試験ですが、実際のところ難易度はどうなのでしょうか?
冒頭で書いたように、難易度はそれほど高くないのでしょうか?



また、この試験は世界30カ国で開催されており、世界的に通用するため、
国際化時代にもっともマッチした資格といえるでしょう。

ワープロや表計算といっても、実際にはワープロはWordで表計算はExcelです。
最近では、オフィスのの標準ソフトとしてWordとExcelを指定する企業が多く、
マイクロソフト オフィス スペシャリストに合格しているかどうかが
人事考課に大きな差が出る企業も出現しています。

この試験は、タイピングやアプリケーション以外の知識を問われることが無いため、
他の資格試験に比べて比較的合格しやすいにもかかわらず評価価値が高いことも特徴です。
WordやExcelの操作を習得したら、まずはこの試験に挑戦してみるのもよいでしょう。

なお、当教室はMOUS試験実施会場です。
講習で慣れ親しんだパソコンで受験できます。ま
た、予約状況により、受講生の皆様のご都合の良い日程で、随時試験実施いたします。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト試験のさらに詳しい内容は、
マイクロソフト オフィス スペシャリストホームページでご確認ください。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト ホームページ


スペシャリストレベル(旧一般)とエキスパートレベル(旧上級)について

マイクロソフト オフィス スペシャリストには一般試験と上級試験があります。
注意しなければならないのは「一般」であって「初級」ではないということです。
英語科目名は一般を従来はCore、上級をExpertと言っており、
直訳すれば「中核」と「専門家」になります。
つまり、中核となる良く使う機能全般についての試験が「一般」試験で、
一般的には使わないけれども、そのアプリケーションを高度に使いこなしている専門家が
使うような機能についての試験が「上級」試験なのです。

言い換えれば、一般を難しくしたのが上級でははいと言うことです。
つまり、一般を受けずに上級だけ合格しても、「あんまり使わない難しい機能は使えるけれど、
普通の機能が使えない」ということになりかねません。
他の資格試験は下位級を飛ばして上位級を受験するということが良くありますが、
マイクロソフト オフィス スペシャリストについては当てはまりませんので、注意しましょう。

税理士資格の難易度とその勉強期間

税理士資格難易度とその勉強期間




税理士資格難易度は巷の噂どおり高く、独学で取得を目指すのは現実的ではないでしょう。
専門学校・スクール・通信講座等を活用すべきだと思います。
勉強期間は早い人で2年、まれに1年で5科目すべて合格する人もいますが・・・。
普通の人は1年に2科目程度で合計3年以上といった所。
勉強時間の確保が勝負の分かれ目という所。
特に試験前はしっかりとした勉強時間を確保しておきたいです。
5科目一気にとるわけではないので難易度は高くない、と言いたい所ですが、
それぞれの科目が結構な難易度です。(各科目合格率は10%強、合格ラインは60%)

とはいえ、科目合格制の為、働きながら合格する事も現実的な資格です。
仕事内容は、簡単に言えば税金に関する作業全般を担当する事になります。
記帳代行、税務に関するコンサルタント、アドバイスなど。

働く場所にもよるが、 大体は地味な記帳代行などをする事が多くなるでしょう。
収入は? 収入は独立しているか否かで異なります。
雇われの場合、勤務している会社、形態にもよるが、
普通の大手企業ののサラリーマンとさほど変わらないようです。
年収は300万円程度からはじまり、増えても700万円~800万円くらいが一般的。
税理士は平均年収も700万円程度。

独立の場合は収入はピンキリ。
これはどの業種にも言える事ですが事務所を構えた場合、
どうしても営業力によって収入差が生まれてきます。
顧客の会社の規模、顧客を何社持つか、によって収入が直接変わってくる為それ次第というところ。
独立直後の顧客を確保できていない時期は年収200万円、300万円クラスのかなり厳しい
収入状況のようです。

独立すると平均年収2000万以上。
大きな事務所の場合には1億円プレイヤーも存在しているようです。
将来性はというと、現在の日本は残念ながら税理士は余り気味の現状にあります。
2世税理士や税務署から税理士になったコネのある税理士が幅を利かせています。
資格を取ったからといって独立するのは簡単ではありません。
しかし、企業内での税理士資格の活用など有効な活用手段は多々あり、
この資格を取って喰えないという事はなかなか無いでしょう。
よって取得して損の無い資格ではあります。

就職について 税理士資格を持っていればそれなりの条件で就職は出来るでしょう。
年齢的には30前半位には税理士になっておきたい。
仮にそれ以上の年齢でもプラスアルファの能力があれば効果あるかも。
(例、コンピューター系、システム系に強い。英文会計が出来る。など)
税理士事務所、会計事務所では科目合格のみの場合でも採用してくれる所が多々ある為、
先に数科目取得し、税理士事務所で働きながら足りない科目を合格するという人もたくさんいます。

税理士資格の難易度 とその勉強期間についてかいてみたのですが、いかがだったでしょうか?
なかなかに難しい税理士の資格取得ですが、どんなに難易度の高い国家資格でも、
毎日の積み重ねで取得できない資格はないですから、自分の毎日やっている勉強を信じて
税理士資格にちょうせんしていただければと思います。

医療事務の資格の難易度は受験者の3割が合格ライン?

医療事務資格難易度受験者3割合格ライン




国家資格というものは色々な分野、業種に分かれているため、
例えば、医療事務資格は簡単、公認会計士資格は難しいなどと難易度の比較はできませんが、
比較的取得しやすいと言えるものはあります。
これは、受験者が1万人いて、合格者が5000人いるので難易度が低いとかいった感じです。
今回は、医療事務資格難易度受験者の約三割が合格ラインなどについて見ていきましょう。

医療事務資格について医療事務の仕事に就くには資格が必要なのですが、
医療事務の資格の中にも色々な種類があります。 
もちろん取れる資格をすべて取ると言う選択肢もありますが、
そうなるとより計画的に勉強しなくてはなりません。

医療事務を志望する人は、自分はどういう仕事をしたいかを明確にして、
受験する資格を目指すべきです。  
独学でこなすには、かなり自己管理をしっかりしなければ、失敗する事になりかねません。 
一番理想なのは医療事務の専門学校に通う事です。 
学校に通うメリットは学習のカリキュラムが組まれているので、
自分はそれに合わせて勉強して行く事に集中出来るからです。 

医療事務の専門学校は、高校を卒業してから入る人が多いのですが、
社会人でも転職を目指して入学する人もかなり増えているようです。 
もちろん働きながら通う夜間コースを備えている所もあるので、
興味のある人は調べてみると良いでしょう。 

資格試験のデータが揃っているので対策も立てて教えてくれます。 
それだけでかなり有利になるはずですよ。 
また病院での実地研修等も行っているので、
実際の現場を見て勉強出来る機会があるのも魅力だと思います。 

医療事務の資格試験は難易度がそれぞれの資格で若干バラつきがありますが、
人気の高い診療報酬請求事務能力試験などは毎年一万人を超える人達が受験し、
合格するのは蘇生しましょうか?のうちの3割程度と言われており、
決して簡単な試験ではありません。 
医療事務の資格を目指す人はきちんと対策を立てて勉強する必要があるでしょう。

以上、医療事務の資格の難易度受験者3割合格ライン?という話題について
調べた事を書いてみましたが、医療事務資格取得を目指している貴方には役に立ったでしょうか?
医療事務の資格だけではないですが、国家資格と呼ばれるものを取得するには、
何も勉強しないで合格してしまうほど甘くはありません。
しかし、いくら勉強しても合格できない資格はないと思います。

医療事務の資格難易度は受験者3割程度が合格ラインだったとしても、やる事は同じ。
基礎を勉強して、過去に出題された問題を解く事が出来れば合格します。
医療事務の資格ではないですが、私も幾つかの国家資格を持っています。
内容は違えどやる事は同じ、過去に出題された問題を解けるようになっていれば合格、
といった流れでした。
どんなに資格の難易度が高かろうと低かろうと、やる事をやれば合格するものだと思います。
がんばりましょう!!

 


|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。