スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3種電気主任技術者(電験3種)の資格難易度と資格取得方法

第3種電気主任技術者電験3種)の資格難易度と資格取得方法


今回の話は、
第3種電気主任技術者電験3種)の資格難易度と資格取得方法』についてお話致します。

第3種電気主任技術者電験3種)と言われる資格は、目指す人も多く、だからこそ有効に活用できる資格の一つ。
難易度が高いと言われている第3種電気主任技術者の資格取得のコツは何処のあるのか?

『主任技術者の概要』

法令によって事業用電気工作物(発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線など、
電圧600Vを超える電気の設備)を設置する電気事業者は電気主任技術者を選任する必要
がありますから、主任技術者免状を持っている人材が必要になる。

事業者は電圧や設備の内容により、第1種~第3種の電気主任技術者免状を持つものを選任しなければならない。
第3種で保安監督のできる電気設備は電圧50000V未満の電気設備(5000kW以上の発 電所は除く)に限定されます。

主に、この資格を必要とする職種は「ビル管理会社」です。

電気の資格をには、
第1種電気工事士、第2種電気工事士、1級電気工事施工管理技士、2級電気工事施工管理技士、
第1種電気主任技術者、第2種電気主任技術者、第3種電気主任技術者など、
幾つかの種類に分かれます。
資格難易度の高い順に並べると、
第1種電気主任技術者 ⇒ 第2種電気主任技術者 ⇒ 第3種電気主任技術者
1級電気工事施工管理技士 ⇒ 2級電気工事施工管理技士 ⇒ 第1種電気工事士 ⇒
第2種電気工事士
といったような順序になるでしょうか。

電気工事の業界では、第3種電気主任技術者電験3種)を持つ事が一つのステータス
になっていて、それ以上の難易度が高い資格になると、電気工事というより、
電気保安業務の意味合いが強くなってきます。

第3種電気主任技術者電験3種)は電験1,2種の下といっても、難易度が高い資格だと思います。
順序の違いは多少あれど、
第2種電気工事士 ⇒ 第1種電気工事士 ⇒ 2級電気工事施工管理技士 ⇒ 1級電気工事施工管理技士
第3種電気主任技術者 といったようにし資格を取得していくのが、
電気の資格をより取得しやすい順序であり、難易度の高い電験3種を取得できる早道なのではないか?
と個人的に思います。

では、第3種電気主任技術者電験3種)とは一体どんな資格?ということで、詳細を見ていきましょう。

第3種電気主任技術者電験3種)分かりやすく言うと、
ビルや工場の「高圧電気の管理・保全をするため」の資格です。
ビルや工場は一般家庭とは違い、大量の電気を必要とします。
一般家庭の100ボルトという電圧に対し、ビルや工場では6千600ボルト、
場合によってはもっと高い6万6千ボルトもの電圧で、電気を一括仕入れしています。

もちろん、その高圧電気をそのまま使うのではありません。
施設ごとの「電気室」で、用途に適した電圧に変えてから、各テナントに配っているのです。


第3種電気主任技術者の代表的な仕事内容

(1)施設がオープンする時、「電気設備がちゃんと運用できるか」、「安全面に問題がないか」
などをチェック。その監督者として、国に届出をすること。

(2)定期点検、メンテナンス、月1回の管理。
つまりは「そこに建物がある限り」、資格保有者の仕事はなくならないのです。

第3種電気主任技術者電験3種)の資格取得難易度は、一概にはいえませんが、
大体、試験人数の10%程度と言われています。
結構、難易度的にも高い仕事ですが、取得してしまえば、活用法は広く、
この世に建物、ビル等がなくならない限り一生使える資格として重宝されているようです。


電気の資格難易度が高いという事について、第3種電気主任技術者電験3種)を
取り上げてみましたが、いかがだったでしょうか?
国家資格というものは勉強しないと受からないものばかり。
第1種電気工事士、第2種電気工事士、1級電気工事施工管理技士、2級電気工事施工管理技士
についてもしっかりとした勉強が必要です。
いきなり難易度の高い第3種電気主任技術者電験3種)に挑戦すると、
あまりに分からない事だらけで、挫折してしまいがちです。
電気の資格は電気工事士から勉強していって、基本を身に付け、そして電験3種にチャレンジ
するのが一番いいと資格保持者の私は思います。
私だって特に難しいテキストや塾に行って資格取得したわけじゃないですから、
皆さんにも自力で十分、第3種電気主任技術者電験3種)が取れると思います。
がんばってくださいね!

スポンサーサイト

電気の資格難易度が高いと有名な第3種電気主任技術者(電験3種)の資格取得方法

電気の資格難易度が高いと有名な第3種電気主任技術者電験3種)の資格取得方法




電気の資格には、
第1種電気工事士、第2種電気工事士、1級電気工事施工管理技士、2級電気工事施工管理技士、
第1種電気主任技術者、第2種電気主任技術者、第3種電気主任技術者など、
幾つかの種類に分かれます。
資格の難易度の高い順に並べると、
第1種電気主任技術者 ⇒ 第2種電気主任技術者 ⇒ 第3種電気主任技術者
1級電気工事施工管理技士 ⇒ 2級電気工事施工管理技士 ⇒ 第1種電気工事士 ⇒
第2種電気工事士
といったような順序でしょうか。

電気工事の業界では、第3種電気主任技術者電験3種)を持つ事が一つのステータス
になっていて、それ以上の難易度が高い資格になると、電気工事というより、
電気保安業務の意味合いが強くなってきます。

第3種電気主任技術者電験3種)は電験1,2種の下といっても、難易度が高い資格だと思います。
順序の違いは多少あれど、
第2種電気工事士 ⇒ 第1種電気工事士 ⇒ 2級電気工事施工管理技士 ⇒ 1級電気工事施工管理技士
第3種電気主任技術者 といったようにし資格を取得していくのが、
電気の資格をより取得しやすい順序であり、難易度の高い電験3種を取得できる早道なのではないか?
と個人的に思います。

では、第3種電気主任技術者電験3種)とは一体どんな資格?ということで、詳細を見ていきましょう。

第3種電気主任技術者電験3種)分かりやすく言うと、
ビルや工場の「高圧電気の管理・保全をするため」の資格です。
ビルや工場は一般家庭とは違い、大量の電気を必要とします。
一般家庭の100ボルトという電圧に対し、ビルや工場では6千600ボルト、
場合によってはもっと高い6万6千ボルトもの電圧で、電気を一括仕入れしています。

もちろん、その高圧電気をそのまま使うのではありません。
施設ごとの「電気室」で、用途に適した電圧に変えてから、各テナントに配っているのです。


第3種電気主任技術者の代表的な仕事内容

(1)施設がオープンする時、「電気設備がちゃんと運用できるか」、「安全面に問題がないか」
などをチェック。その監督者として、国に届出をすること。

(2)定期点検、メンテナンス、月1回の管理。
つまりは「そこに建物がある限り」、資格保有者の仕事はなくならないのです。

第3種電気主任技術者電験3種)の資格取得の難易度は、一概にはいえませんが、
大体、試験人数の10%程度と言われています。
結構、難易度的にも高い仕事ですが、取得してしまえば、活用法は広く、
この世に建物、ビル等がなくならない限り一生使える資格として重宝されているようです。


電気の資格難易度が高いという事について、第3種電気主任技術者電験3種)を
取り上げてみましたが、いかがだったでしょうか?
国家資格というものは勉強しないと受からないものばかり。
第1種電気工事士、第2種電気工事士、1級電気工事施工管理技士、2級電気工事施工管理技士
についてもしっかりとした勉強が必要です。
いきなり難易度の高い第3種電気主任技術者電験3種)に挑戦すると、
あまりに分からない事だらけで、挫折してしまいがちです。
電気の資格は電気工事士から勉強していって、基本を身に付け、そして電験3種にチャレンジ
するのが一番いいと資格保持者の私は思います。


|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。