スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療事務系資格は医療系資格より難易度低いのでチャンスがある!

医療事務系資格医療系資格より難易度低いのでチャンスがある!



このページでは、医療事務系資格医療系資格などについて見ていきます。
医療事務とはよく聞く言葉ですが、実際にどんな仕事か知っていますか?
医療事務とは平たく言うと、医療機関における事務職のこと。
医療事務系の仕事に就くのに資格は絶対に必要ではありませんが、
持っていればもちろん就職や待遇の面で有利に働きます。

医療事務問題集を解くことで確実に合格圏内に入れます!
医療事務【診療報酬請求事務能力認定試験(医科)】合格テキスト&問題集 2008年版


医療事務系資格はほとんどが民間の資格ですし、大学を出る必要もありませんので、
医療系資格よりも難易度は格段に下がっています。
誰にでも取得のチャンスがあるわけですね。

医療事務系資格の代名詞である「医療事務士」は、
主に医療機関の診療報酬についての知識を持っている証となる資格。
日本病院管理教育協会の指定校に通わなければ受験資格が得られませんので、
難易度としては中の下。
カルテの管理などを行う「医事管理士」もほぼ同様の条件となっています。
受付、会計からカルテ管理まで幅広い業務をカバーできる「医療事務管理士」は受験資格がありません。
誰でも受験できる上、長い歴史を持っているので、医療機関からの信頼度も高いものとなっています。
難易度はそれほど高いものではありませんが、実技試験があるので、それなりの対策が必要になります。

「診療報酬請求事務能力認定試験」は医療事務系資格では最高峰の難易度を誇るもの。
受験資格は特にないため多くの受験者が集まりますが、そのうち合格するのは3割弱ともいわれています。
その分、効果は絶大。この資格があるとないとでは大違いなので、
医療事務系の仕事をめざすのならぜひ挑戦してみましょう。

ここでは、医療事務系資格について書いてみましたが、アナタにとって何か参考になったこと、
一つでもプラスになったことはあったでしょうか?
それならば私としてもうれしい限りです。
国家資格でなくとも、どんな試験でもそうですが、継続して毎日少しずつでも問題を解いている
ことが確実に合格できる手法です。
もし、アナタが医療事務系の資格を取得しようとしているのであれば、このことを忘れずがんばって下さい。
応援しています!

スポンサーサイト

医療系資格の種類と難易度について

医療系資格種類難易度


医療系の資格について今回は取り上げてみました。
医療系というとっても難しいというイメージがありますが、実際のところはどうなんでしょうか?
医療系資格と言っても実に様々な種類があります。
ちょっと思い当たるものをあげてみると、医師、歯科医師、看護師、救急救命士、薬剤師、助産師、
保険師、歯科衛生士、あんまマッサージ指圧師などなど。
より専門的分野になると、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、臨床工学技士など、
何が何だか分からないものまで、医療系の仕事はとにかく資格、資格です。
まさに資格地獄とでも言いましょうか。
どんなにすばらしい技術を持っていたとしてもそれほど評価の価値にはならないのでしょうか?

でもやっぱり、医療系の仕事をやりたいのなら資格取得してしかるべきデス。
世の中が不況になればなるほど、その分野での資格が役に立ちます。
医療形資格の中でもっとも難易度が高いといわれているのが医師の資格です。
医師の資格を取得するのに大学の医学部で学ぶことが前提条件ですから、
この時点ですでに最高峰の難易度を誇るといってもいいでしょう。
歯科医師も同様ですが、大学入試の難しさでは、医師に一歩譲ることになります。
医師と同じく、時によっては医師以上に命の最前線に出る救急救命士ですが、
資格取得難易度は実はそれほどでもありません、以外ですよね!?

医学部や看護学校、専門の養成所などを経て国家試験を受けるのですが、
合格率は8割にも上ると言われています。
そんなに合格率高いのなら私も歯科医師になろうか?なんて考えてしまいます。
薬剤師の国家資格合格率も同程度ですが、かなり長い期間を勉強に当てる人がほとんど。
それ以前に、薬学部に入学できなければいけないので、難易度はそれなりに高いと言えるでしょう。

医師、歯科医師、薬剤師以外の医療系資格は、
専門の学校(大学も含む)を卒業して国家試験を受ければOK。
学校で真面目に勉強していれば受かる程度の難易度と言われています。
こうして見てみると医師になる以外は何とかなりそうなイメージがしてくる医療系の仕事ですが、
やはり自分で働き始めて、あなた自身の評価が良くなる為には、
努力し続けていく事が大切になってくるのでしょう。


|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。