スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームヘルパーの資格は現場ではホームヘルパー2級以上の資格が求められる

ホームヘルパーの資格は現場ではホームヘルパー2級以上の資格が求められる



ホームヘルパーの資格には、1級・2級・3級があります。
現場ではホームヘルパー2級以上の資格が求められる事が多いです。
ではホームヘルパーといっても1級、2級、3級の違いはどのようなところにあるのか?
しらべてみたものを書いてみます。

ホームヘルパーの1級については、実務経験がないと取得できないという、
物理的な問題があります。
さらに、内容も実務経験がある方を対象としておりますので、
より高度な内容になっているのは言うまでもありません。

原則的に実務経験が1年以上必要となってきます。
ホームヘルパーは免許制ではないので、資格試験というものは存在しません。
試験のかわりに、養成研修というカリキュラムを受ける必要があるのです。

主に現場ではホームヘルパー2級以上の資格が求められています。
厚生労働省教育訓練給付制度の対象となっているホームヘルパー資格の講座の内容は、
通信教育・実技スクーリング・実習の3ステップでなっており、
効率よく知識と技術を身につけるのが特長です。

3級は、主に「生活援助」とよばれる分野の勉強になります。
ホームヘルパーの3大お仕事の一部分になります。

2級は、「生活援助」以外の介護の基礎的な技能全般についての勉強となります。
介護保険の制度上でも、2級取得者は、すべての介護業務に従事することができますので、
就職をお考えの方には必須の資格になるといえます。
介護保険の適用を受ける場合のサービスを行うには、養成研修の修了者である必要があります。
現実的には、ホームヘルパーが在籍する会社や事業所は、
ホームヘルパー養成研修の2級過程を修了したホームヘルパーであることを条件
にしていることが多いそうです。

いかがでしたでしょうか?
ホームヘルパーといってもなかなかどうして色々な種類、
その級によってできる内容、できない内容があることが分かりました。
ホームヘルパーの資格によって取得している級によって給料に違いが出るのならば、
一つでも上の級の資格を取得できるように頑張ってみたいものです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ケアマネージャー資格を取得するには介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければならない|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 | Eラーニングで資格取得!オーガニックコンシェルジュ認定通信講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。