FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護福祉士資格「介護のプロとしてぜひ取得しておきたい資格」

介護福祉士資格「介護のプロとしてぜひ取得しておきたい資格」




介護福祉士資格について調べてみました。
介護福祉士は介護のプロとしてぜひ取得しておきたい資格であり、
将来ケアマネージャーに挑戦したい方にとっても必要になる資格だと思います。

介護福祉士資格とはヘルパー1級と同じく、サービス提供責任者になることができる資格ですが、
より高度な知識を学び、通常1年に1回行われる試験に合格しなければ取得できないのが
介護福祉士資格です。

介護のプロとして認められる確かな資格だといえます。
介護福祉士資格は日本において国の所管により認定・登録が行われる資格であり、
法律によりその活動範囲、内容、活動の制限などが規定されているとされています。
介護福祉士資格の仕事は介護の専門的な知識や技術を持ち、
身体や精神に障害があって介護を必要とする人の日常生活をサポートするのが、
介護福祉士のお仕事です。

主に、食事や入浴、着替え、排泄の介助、体位変換などの「身体介護」と、
調理や洗濯、買い物、掃除などの「家事援助」をする他、
通院の付き添いや医療機関への連絡、介護計画の立案など、
身の回りの支援を行います。

さらに、家族や介護を担当するホームヘルパーなどに介護方法を指導することも、
介護福祉士資格の大事な仕事です。
介護福祉士になるには、3年以上の実務経験を積んだ後に国家試験を受験して
資格を取得する道のほか、介護福祉士の専門学校を卒業して試験なしで資格を取得できる
道があります。

ホームヘルパーや介護職員としての実務経験が3年以上あれば、
介護福祉士資格試験を受験することができます。
ただし実務内容は細かく決められているので、事前の確認が必要です。
介護福祉士は就職面では介護福祉の第一線のリーダーとして期待される資格です。
将来的にケアマネージャーに挑戦する方は介護のプロとしてぜひ取得しておきたい資格です。

以上、介護福祉士資格は介護のプロとしてぜひ取得しておきたい資格という事について
調べてみましたがいかがだったでしょうか?
介護することに生きがいを持ってずっと続けていきたいと思う方にとって、
介護福祉士資格というのは魅力的な資格ではないでしょうか?
是非介護福祉士資格を取得して、
立派な介護福祉の第一線のリーダーとして活躍されることを祈っています。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


TOEICは民間資格「就職・転職時の資格としてもTOEICテストは高く評価されている」 |スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 | 介護支援専門員の資格取得への道は厳しいが・・・!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。