スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養士の効率の良い資格取得方法

栄養士効率良い資格取得方法




栄養士効率良い資格取得方法について調べてみました。
よく小・中学校にも栄養士さんはいらっしゃいますよね。
栄養士栄養士管理栄養士の2つに分けられます。
栄養士の主な仕事は栄養学に基づいてメニューや調理方法を決定したり、
健康を維持するための提案を行います。
小・中学校での献立を決めているのも栄養士さんなんでしょうか?

管理栄養士は栄養士よりさらに高度な知識を持ち、
病気や障害を持つ人々へ必要な栄養指導を行ったり、
大規模給食施設で大勢の人の給食を管理したりします。

資格は高校を卒業した後、栄養士養成施設(厚生労働省指定校)で必要な知識や技能を
修得するために2年以上学んだ後、都道府県知事に免許を申請することによって
無試験で取得できるというものです。

管理栄養士の資格は栄養士免許を取得した後、卒業課程によっては実務経験を積み、
管理栄養士の国家試験を受けて合格することによって取得することができます。
食に関する多くの職業のなかで、管理栄養士唯一国家資格として認められているものです。
非常に高い専門知識を要する試験ですが、受験者は年々増加し、
1991年には50%程度あった合格率は近年20%から30%程度という難関になっています。

実際の合格者は4年生の管理栄養士養成課程の新卒受験者がほとんどで、
同課程の既卒者や栄養士課程の既卒者は低い合格率になっています。

卒業後にブランクがあったり、実務経験を積みながらの試験勉強は厳しいというのが実態です。
勉強の方法は参考書や問題集での独学の他、最近では通信教育やweb 講座も多く利用されています。
管理栄養士の予備校に通うのも一つの方法です。
近年メタボリックシンドロームや生活習慣が問題となり、食の重要性が見直されつつあります。
その中で栄養士はますます重要性が高まっている職業です。

以上、栄養士の効率良い資格取得方法について調べた事を書いてみました。
どうだったでしょうか?
栄養士は高校を卒業後、栄養士養成施設で2年以上学んだ後、
免許を申請することによって無試験で取得できるらしいのですが、
管理栄養士は、国家資格なのですね、今まで知りませんでした。
しかも管理栄養士の受験者は年々増加し合格率も20%から30%程度になっているらしいのです。
おそらく栄養士になれば管理栄養士という国家資格は欲しくなるでしょうから、
管理栄養士になる為の効率良い資格取得方法とは、
間を空けず、続けて栄養士→管理栄養士と取得してしまうことかもしれません。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


雇用保険被保険者資格取得届の様式の書き方|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 | 資格試験の難易度を資格難易度ランキング形式として公表!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。