スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会福祉主事任用資格の効率的な取得方法!?

社会福祉主事任用資格の効率的な取得方法!?




社会福祉主事任用資格の効率的な取得方法について調べてみました。
社会福祉主事任用資格とは本来、福祉事務所の現業員(ケースワーカー)として任用される
者に要求される資格(任用資格)ですが、社会福祉施設職員等の資格基準などに
準用されています。
社会福祉の基準的な学習をしたことの目処ともされていることから、
この社会福祉主事任用資格を持っていることを条件としたり、希望する求人も多くなっています。

社会福祉主事任用資格の取得方法には、

1.厚生労働省の指定する養成校を卒業する。
2.都道府県の行う講習会に出席する。
3.大学等で厚生労働省の指定する科目を3科目以上履修する。
ことで社会福祉主事任用資格が取得できます。

3の中の3科目については、
1.社会福祉概論
2.社会福祉事業史
3.社会福祉援助技術論
4.社会福祉調査論
5.社会福祉施設経営論
6.社会福祉行政論
7.社会保障論
8.公的扶助論
9.児童福祉論
10.家庭福祉論
11.保育理論
12.身体障害者福祉論
13.知的障害者福祉論
14.精神障害者保健福祉論
15.老人福祉論
16.医療社会事業論
17.地域福祉論
18.法学
19.民法
20.行政法
21.経済学
22.社会政策
23.経済政策
24.心理学
25.社会学
27.倫理学
28.公衆衛生学
29.医学一般
30.リハビリテーション論
31.看護学
32.介護概論
33.栄養学
34.家政学
の中の3科目です。

社会福祉主事の資格は公務員として採用された後で、
福祉事務所に現業員として配属されて初めて効力を持つことになります。 
社会福祉主事は、支援や保護を必要としている人に対して相談や指導を行い、
福祉法に基づく援助・育成・更生などに関する事務を行います。

以上、社会福祉主事任用資格の効率的な取得方法について書いてみました。
社会福祉主事任用資格もなかなか一筋縄ではいかないかもしれませんが、
貴方なりの効率的な取得方法を見つけ出して頑張っていただければと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


国家資格の難易度を比較してみると…!?|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 | 社会保険労務士の資格取得は通信講座が便利!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。