スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリアコンサルタントの国家資格はニート・フリーター対策の旗手?

キャリアコンサルタントの国家資格はニートフリーター対策の旗手?




キャリアコンサルタントとは、個人の職業選択やキャリア形成について、
専門的見地からアドバイスを行う専門家を認定する資格をいうそうです。
コンサルタントというと何だか経験豊富な人がやらないとダメというイメージがあります。
確かに色々経験があった方がいいのでしょうが、
その人にとって最も望ましい職業選択を支援するというのがベースなので、
決してそれだけと言うわけでもなさそうなのです。
今回はキャリアコンサルタントの国家資格はニートフリーター対策の旗手
について見ていってみましょう。


キャリア・コンサルタントはどんな事をするのかというと、一言で言うなら
「人がその人らしい働き方、行き方や働き甲斐を目指すことを支援するため、
理論とスキルに基づいてコンサルティングをする」
専門家のことです。
要は、就職・転職・再就職・キャリアなどの課題を抱えている人に、
一人一人が自分らしく生き生きと取り組める仕事を見つけ、
働けるように総合的にサポートするということですね。

実際のキャリアコンサルティングはどのようにされるのかというと、
各自の状況によっても違いますが、相談者の興味・能力・ 価値観・経験・周囲の環境などを、
話を聞いたり、適職検査のようなアセスメントツールなどを活用して整理し、
その人にとって最も望ましい職業選択を支援するというのがベースです。
また「キャリアコンサルティング」「キャリアカウンセリング」と言うと、
どうしても就職・転職などの一時的な職業選択の際に受けるものというイメージがある
と思うのですが、本来は5年後、10年後などの長いスパンでのキャリアの方向性を明確にしたり、
長期的な個人の自律や成長を促す役割もあります。


以上、キャリアコンサルタントの国家資格はニートフリーター対策の旗手
というテーマについて見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?
日本では雇用のあり方が大きく変わりました。
終身雇用制度、年功序列賃金体系、企業内訓練の崩壊など、
従来「日本型」と考えられていた雇用構造が次々と崩壊しています。

その一方で、社内公募制度 や職種別採用、中途採用の増加、成果主義など、
従来にはなかったやり方を取る企業も増えました。
故にニートフリーターと呼ばれる人達にとって、チャンスであると思います。
「その仕事で何をやりたいのか?」
「自分自身の能力やスキル」
「その仕事においてどのように貢献できるか?」
などを明確にしていく必要性があると思います。
キャリアコンサルタントという国家資格の取得は、
ニートフリーター対策の旗手となり得るのかもしれませんね。
今までの生活を抜け出し、
「俺はやるぞ!!」
と一新決意できて実行できたものがニートフリーターから脱出できると思います。




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


キャリアカウンセラー国家資格とCDA資格は年々人気が上がってきている|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 | 登録販売者という国家資格を取得するメリット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。