スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリアカウンセラー国家資格とCDA資格は年々人気が上がってきている

キャリアカウンセラー国家資格CDA資格は年々人気が上がってきている




キャリアカウンセラー国家資格化するという報道が昨年からされており、
現在もこの報道の続報を度々目にします。
これは厚生労働省が創設するもので、労働者に求められる職業技能力が高度化しているのに
対応するためのものとされ、ますますキャリアカウンセラーの重要性を再認識する事ができます。
そこで今回は、キャリアカウンセラー国家資格CDA資格は年々人気が上がってきている
について見ていきたいと思うので、興味のある方にはきっとプラスになる情報でしょう。
今回は、キャリアカウンセラーについて国家資格CDA資格は人気が上がってきている
についてみていきましょう。



キャリアカウンセラーは、日本経済の低迷によって雇用形態が変化していく中、
企業が求める人材の求人と求職者のマッチングを効率よく行うため、
個人のキャリア形成の専門家としてさまざまな分野で必要とされています。

厚生省のキャリアカウンセラー(キャリアコンサルティング)に関する国家資格化の、
詳しい情報はまだ発表されていませんが、職業能力開発促進法施行令の一部改正によって、
キャリアコンサルティングが技能検定に追加されることが決定しています。
通称CDA資格(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)と呼ばれるキャリアカウンセラーに
要する資格は、厚生省の「キャリア形成促進助成金」の対象となる
「キャリア・コンサルタント能力評価試験」に指定されていますので、
国家資格化されるのも理解できるような気もします。

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)とは、キャリアカウンセラーの実務家向け資格です。
2000年に誕生しました。
2006年6月現在で、約5,000名の方がCDA資格を取得しています。
CDA資格認定試験は、厚生労働省のキャリア形成促進助成金(職業能力評価推進給付金)の
対象となる「キャリア・コンサルタント能力評価試験」として指定されています。

これらの養成講座は、キャリアコンサルティングの国家資格化報道による影響はない
との事なので、これから受講を検討している方は心配しなくていいようです。
CDA資格は数ある資格の中でも人気となっている資格で、年々受験者が増えているそうです。
それだけニーズのある時代になっていると言ってもいいでしょう。


以上、キャリアカウンセラー国家資格とCDA資格は年々人気が上がってきている
という事について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
今のアナタにとって役に立つ情報だったでしょうか?
キャリアカウンセラー国家資格CDA資格は年々人気が上がってきている

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


臨床心理士は国家資格でないが難易度は結構高い|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 | キャリアコンサルタントの国家資格はニート・フリーター対策の旗手?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。