スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT関連資格の取得理由は「知識やスキルを客観的に示せる」

IT関連資格の取得理由は「知識やスキルを客観的に示せる」




資格は取得しておくと何かと有利であるが、ITエンジニアにとっても同様で,
自主的なスキルアップは欠かせない。
スキルアップに役立つ有効な手段の一つがIT関連資格の取得だ。
資格の試験勉強を通じて,その分野に関する体系的な知識を身に付けることができる。
資格は,自らが持つスキルや知識のレベルを客観的に示すツールにもなる。
そこで今回は、IT関連資格の取得理由、資格を取得しない理由について見ていきたいと思う。

どれくらいのITエンジニアが資格を取得しているのか,どんな資格を取得しているのか
といった統計データは,あまりないのが実情だ。
エンジニアの皆さんも,ほかのエンジニアがどんな資格を取得しているのか,
興味があるのではないだろうか。

そこでITproでは,「IT関連資格の取得状況に関する調査」を実施した。
調査の実施時期は2008年7月28日から8月5日。回答者数は2002人である。
今回は,この調査結果を報告しよう。ちなみに回答者の職種の内訳は,SEが25.2%,
システム運用/管理が20.3%,管理職・経営者が19.6%,プロジェクト・マネジャーが5.3%,
マーケティング/営業が5.1%,保守/サポートが4.2%,プログラマが3.8%,コンサルタントが3.6%
である。


まずは,どれくらいの割合の人がIT関連資格を取得しているのか?の調査結果であるが、
「取得している」と答えた人の割合は56.1%,「取得していない」と答えた人の割合は43.9%
という結果になった。資格取得者の割合は6割弱だ。
資格取得者の割合は50歳以上で46.8%,40~49歳で53.7%,30~39歳で60.7%,
20~29歳で67.7%と,年齢が低いほど高くなる。
若い人ほど,IT関連資格の取得に熱心なようだ。


次に,資格を取得していない理由と資格を取得した理由を見てみよう。
最も多い理由は「業務が多忙」(43.3%)。以下,「給与査定や昇給に考慮されない」(34.1%),
「実務とは関係ない」(31.9%),「資格を取得しなくてもスキルを向上できる」(29.8%)が続く。
選択肢としては用意していなかったが,自由記述欄に「試験に受からない」「現在試験勉強中」
と書いてきた人も多かった。


資格を取得した理由として最も多い理由は,「自分が身に付けている知識やスキルを,
客観的に示せる」(75.2%)。多くの人が,自らの市場価値を目に見える形で示すために,
IT関連資格を取得しているようだ。
次に多い理由が「将来のキャリアアップに役立つ」(40.4%)。
以下,「その製品や技術分野の体系的な知識が身に付く」(33.6%),
「勤務先から一時金が出る」(30.5%)と続く。

以上、IT関連資格の取得理由は「知識やスキルを客観的に示せる」
について書いてみたがいかがだたろうか?
資格を取得している人と言うのは、自分の時間を犠牲にして取得している。
資格を取得できていない人は自分の時間を資格取得の為に犠牲にしていない。
資格取得の理由というよりも、将来的に役立つ資格であれば、
給与査定や昇給に考慮されないというのは関係なく思う。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


資格取得してITコンサルタントなった時の単価と仕事内容|スポンサードリンク 資格取得の効率の良い勉強法 | 臨床心理士は国家資格でないが難易度は結構高い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。